キッチンのリフォームといってもシステムキッチンを新規取替した訳ではなく
やはり壁の塗装とモザイクタイル張り、棚やフックの設置です。

以前の状態がこちら
キッチン壁塗装前

スッキリとした印象ですが味気ないですね。
建売住宅もほぼこのスタイルですね。

まず壁の塗装ですが
クロスのうえから塗れる塗料をローラーとはけでベタベタ塗ります。
窓や見切りにマスキングを忘れずに。

キッチン壁塗装中

そして塗装後がこちら
キッチン壁塗装のみ

そして簡単な棚も設置
キッチン壁塗装後

棚はホームセンターで買った板にワトコオイルを塗布したもの。
金具もホームセンターです。
キッチン棚金具

こういった棚なんかを設置する際には
留めるビスが下地に効くかどうかが重要です。
そこで大活躍なのがこちら
下地センサー

下地の位置と電気配線も感知してくれます。
これさえあればビスや釘が効かなくて壁が穴だらけになる心配はありません。

そしてキッチンリフォームのメインはモザイクタイルです。
まず施工前がこちら

タイル施工前

よくあるキッチンパネルです。
ここにタイルを貼るのですがもちろんタイルなんて貼った事なくて
妻が色々と調べてくれました。

タイル屋さんやホームセンターの方にも話を聞いて決まったのが

1、キッチンパネルに「アイカ工業のエコエコボンド不燃化粧材用変形シリコーン系接着剤」を塗る
2、串目(波型)になるようにゴムへらでならす
3、タイルに工業用の両面テープを一部貼る
4、タイルを貼る

という行程で貼っていく事になりました。

こんな感じで貼っていきました。
目地の下地
目地下地2

そして貼り終えた状態がこちら
タイル目地なし

雰囲気がグッとよくなり仕上がりに期待感が膨らみます。
そして目地入れ。
仕様した目地材はこちら
目地材
水と混ぜるだけなので簡単です。
こちらを3袋使用してちょっと余るくらいでした。

目地入れ中
目地入れ中

目地入れ後
目地入れ直後
目地入れ後の窓

どうでしょうか。
良すぎませんか?

そしてフックをかける板も取り付け。
フック
こちらはシンク側のフック
小窓上部のフック
柱とキッチンの間にあった隙間も塗装した板で棚のようにしました。

『自宅のリフォーム(DIY)・キッチン編』は以上です。

実はまだ完全に終わっていなくて
棚のところをガラス使った扉つけてショーケースのようにしたいらしいです。
なので完成した状態はまた後日。

次は洗面、トイレ、寝室の塗装編で終了です。