スクリーンショット 2016-01-27 16.45.34

古家付きの土地を購入して頂いたお客様の建物滅失登記を申請してきました。

建物滅失登記ってなんぞや?
建物が解体等でなくなった場合に法務局になくなった事を登記しなくてはなりません。
それが建物滅失登記で申請義務もあります。

この建物滅失登記、登記というからにはそれなりに用意する書類があり、
通常は土地家屋調査士にお願いする事になります。
その費用は安くて3万円、大体が5万円前後。

しかし、この建物滅失登記
司法書士や土地家屋調査士でなくても登記申請できます。
書類さえそろっていれば登記申請できるので
お客様の諸費用を出来る限り抑える事が売りの当社としてはやるしかない。

やってみました。

できました。

たかが数万円ですが、これから家を建てる方は
設備のグレードやオプションの見積もりを見ては、この数万円を何度も諦めて家が完成するものです。

当社では今後、建物滅失登記を購入頂いた方への標準サービスとします。

また、今回の古家の解体ですが、お客様ご自身でも解体業者を探したのですが、
当社からご紹介した業者が一番安かったです。
この業者さん、営業担当がいて見積もりも早いし、解体後にすぐ証明書関係を送ってきてくれるし
現場の職人さんもお客様から評判でした。

当社も一人一人のお客様と真摯に向き合って
「あそこの業者はどこにでも紹介出来る」と言われる会社になりたいもんです。